脱毛を促してしまう男性ホルモンの変化

スポンサードリンク
男性の大半は加齢と共に、個人差はあっても前頭部と頭頂部の毛髪が減少していきます。
この男性型脱毛症が始まる年齢は個人差があり人によってまちまちなのですが、早くて10代後半から始まることもあります。


また、最近の傾向では女性にも男性型脱毛症を発症する人が増えてきています。
女性の男性型脱毛症は頭頂部を中心に広い範囲が薄くなるもので、男性のような生え際の後退はなく一般的な男性型脱毛症とは薄くなりかたが異なります。ただそのメカニズムは男性型脱毛症と同様です。


この型の脱毛症の原因として、男性ホルモンの変化が挙げられます。
その仕組みをみると、まず頭皮の毛細血管から男性ホルモンが毛乳頭に入り込みます。毛乳頭細胞内にある酵素によって、男性ホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わります。


DHTが毛乳頭にある受容体と結合すると、発毛抑制シグナルが強く発信され髪の成長期が短くなってしまうため男性型脱毛症になるという道をたどることになるのです。


また男性ホルモンの量に左右されるだけではなく、男性型脱毛の遺伝的な要因を持っている人にはDHTの影響がより強く出る傾向にあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。